古代の歴史のなぞをといた発掘

古代の歴史のなぞをといた発掘

Add: jurahy1 - Date: 2020-12-08 04:40:59 - Views: 6764 - Clicks: 9960

とはいえ、実際のところ、超古代文明が栄えていたという科学的な根拠はまったくない。 太平洋にあったとされるムー大陸、大西洋にあったとされるアトランティス大陸、インド洋にあったとされるレムリア大陸、それぞれの大陸には現在の人類を超越する文明が栄えていたとされている。 しかし地質学的にみても、それぞれの海にかつて大陸があったということはありえないと結論付けられている。 もちろん大津波が襲ってきて大陸が海に沈んだ. · 水深71mの古代ロマン!琵琶湖の底に完全な形の土器 立命館大が発見 年01月02日 08時00分 水深71. 古代都市テーベは、地中海から約800km南のナイル川東にあり、ルクソールの近郊に広がる古代エジプトの都市で、テーベにある墓地遺跡群は1979年に世界文化遺産に登録されました。 世界文化遺産の墓地遺跡には、王家の谷、王妃の谷、ツタンカーメンの王墓群、ハトシェプスト女王の葬祭殿などがあり、有名な観光スポット。ルクソールにも、カルナック神殿やルクソール神殿など遺跡があり、ファラオのロマンを感じられる人気スポットです! エジプトの歴史により深く触れたい人は、見どころがたくさんあり、絶対に外せない観光地です。. 神在月に出雲大社へお詣りするべく今年2度目の出雲入りをいたしました これまでの出雲國神仏霊場の記事はこちらからご覧いただけます^^ 前回の神在祭の記事はこちら. See full list on soyokazesokuhou. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル古代の歴史のなぞをといた. スネフェルの建てた屈折ピラミッド 2. ゴビ砂漠にねむるなぞの恐竜の話など、歴史を書きかえた5つの発掘を収録。 小学校4・5・6年生むき。 古代の歴史のなぞをといた発掘 - 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア.

ホモサピエンスの起源について、年に新しい発見があった。 モロッコでホモサピエンスの新しい骨が発見されたのだ。その骨を分析した結果、ホモサピエンスの誕生は少なくとも30万年以上前であったということがわかった。 この成果は年6月の科学誌ネイチャーに掲載され、ホモサピエンスの起源を見直す大発見として話題となった。 これから研究が進めば、ホモサピエンスの起源はもっと古くなる可能性すらあるだろう。 今までホモサピエンスは約20万年前のアフリカを起源に全世界に広がっていったとされるが、その時期が考えられるよりも遥かに早かった可能性があるわけだ。 ということは、人類発展の空白期間ももっと長いといえるだろう。 この年の新発見によって、人類(ホモ・サピエンス)の誕生が約30万年前に遡れることがわかった。 では、人類最初の”文明”はいつごろ誕生したのか? 最も古い文明は、紀元前3,000年頃に発生したメソポタミア文明だといわれている。紀元前3,000年なので、約5,000年前に誕生した文明だ。 かなり乱暴に言えば、約30万年前に人類が誕生してからメソポタミア文明が誕生した5,000年前までの295,000年の間、人類はひたすら狩猟をしたり、小規模の農耕をしながら発展してきたということになる。 私たち人類はたったの数千年の間に、とんでもない発展を遂げた。 地上には高層ビルが立ち並び、医学の発展で寿命は伸び続け、片手に収まるスマホでなんでもできて、地峡を飛び出して宇宙にまで進出している。 わずか5,000年で凄まじい発展を遂げてきたわけだけど、だとしたらホモ・サピエンスが約29万年の間ずっと狩猟や農耕で生活していたのは本当なのだろうか? なんの発展もしていないなんて、あまりにも不自然ではないか。 世界規模の核戦争、巨大隕石、破局噴火、氷河期突入、地磁気の反転. . 数々のピラミッド群やファラオの葬祭殿があることでも有名なメンフィスや、古代都市テーベにあるファラオの墓地遺跡、水没から免れたヌビア遺跡群は、エジプト旅行の定番観光地です!どこも見どころ満載で、古代エジプト時代に生きたファラオの夢や希望が溢れています。 そんなファラオたちが描いていたであろうロマンを一緒に探求して観光すれば、より充実したエジプト旅行ができるのではないでしょうか。. なんてこともない。 ピラミッドを作ったエジプト文明、謎に満ちたマヤ文明やアステカ文明も、超古代文明と呼べるほどのとてつもない技術を持っていたとされる。 しかしそれらの文明の建造物やオーパーツを分析すると、十分に太古の人類が作り上げられる技術であったことが確認されている。 これらの「超古代文明が栄えていた」とされる地域には、ひとつの共通点がある。 それは「白人文化ではない」ということ。 逆に言えば、昔から白人が栄えているヨーロッパに超古代文明があったという都市伝説はない。 大航海時代に白人が世界中を植民地支配していたとき、白人たちが発見した説明のつかないほど高度な建造物や文明を「超古代文明」が栄えていたからと考えた。 白人たちはそこに住む原住民がそれほど高度な知識や技術を持っているわけないと決めつけたのだ。 超古代文明の都市伝説には、白人至上主義的な差別思想が見え隠れする。 しかしちゃんと調べてみれば、世界各地の高度な文明は、そこに暮らす民族の分化や知識で十分に再現できる。 世界中にある不思議な遺跡や建造物は、超古代文明のなごりではなく、原住民たちの高度な文明の証といっていいだろ. 1906年東京都生まれ。東京大学名誉教授であり古代オリエント博物館長でもある。著書に「騎馬民族とは何か」など。1991年に「文化勲章」を受賞。 〈佐原 真〉 1932年大阪府生まれ。国立歴史民俗博物館副館長。著書に「考古学の散歩道」など。. See full list on tabinaka. See full list on nanboya.

古代シュメール文明の主な都市国家には、エリドゥ、ウル、ニップル、ラガシュ、キシュなどがありましたが、そのなかでも最古の歴史と最も広大な面積を誇る都市国家の一つウルクは、全長およそ10kmにも及ぶ防御壁に囲まれ、4~8万人の人口を擁し、貿易. 7: 大きさ、容量等: 127p ; 22cm: 注記 監修: 長沢和俊 isbn:: 価格: 980円 (税込) jp番号:. スネフェルの建てた赤いピラミッド 3. 高度に装飾が施された金の「ネックレス」「イヤリング」「指輪」「胸飾り」「腕輪」「王冠」 4. かつては世界的に、金が貨幣として用いられてきました。 また、金でできた貨幣のかわりに紙幣が流通していましたが、こうした紙幣は必ず金との交換が保証されていました。 こうした制度は、金本位制と呼ばれています。 金本位制のはじまりは、1816年のイギリスの1ポンド金貨の鋳造であるといわれています。 1919年にアメリカが金本位制をとってから、世界的にも金本位制をとる国が増えました。 しかし、アメリカから発生した1929年の世界大恐慌をきっかけに、再び金本位制を採用する国は減り、1937年にはすべての国が金本位制を中止しました。 しかし、当時まだ通貨と金との交換は、完全に切り離されたわけではありません。 1945年にはブレトン・ウッズ体制という、経済の仕組みが出来上がりました。 これは、金ドル本位制とも呼ばれ、1オンスの金を35USドルと交換できることを保証するという体制です。 世界の中央銀行も協力しながら金プール協定などを結び、金の価格を安定化するように努めました。 しかしアメリカには、金との交換比率にしばられないで貨幣を発行したいという意向もありました。 そして結局、1971年に、ニクソン・ショックと呼ばれる出来事が起こりました。 ニクソン・ショックは、金とドルとの交換比率を固定することを止めるという宣言です。 こうしてブレトン・ウッズ体制が崩壊しました。 とはいえ、まだ各国の中央銀行は、準備金として金を保有しています。 金が世界経済にとって、重要な資産であることには変わりないのです。. 今の人類がどんな理由で滅びるかわからないけれど、5,000年後、つまり西暦7000年くらいには滅んでいる気がする。 今の文明が5,000年前に誕生し、5,000年後に滅びる.

古代シリアの歴史は、都市の興亡の歴史が中心になります。メソポタミア文明の影響を受け、楔形文字を受容し、記録を残していきました。シリアは交通の要衝であることから、大国の争奪地となり、生き残りをかけた厳しい外交を展開し、滅亡する都市もありました。躍動感にとむ歴史を12回. 今城塚古代歴史館の刊行物【平成23年~27年】 購入の申込方法 郵送での購入を希望される方は、 書名・部数・送り先 を明記のうえ、 代金 と 送料 を添えてお申込みください。. 20 ID:6EynwvKT0 BE:BP年前の古代カナン人宮殿、地震で廃墟になった 最新研究 遺跡を. フィアラ杯(饗宴に用いる皿状の杯) 6. 日本には、「黄金の国ジパング」という黄金伝説がありますよね。 この黄金伝説のきっかけは、ヴェネツィア共和国の冒険家であるマルコ・ポーロが書いた「東方見聞録」です。 この書物は、1925年に口述で書かれたものといわれています。 中世アラブでは、東方に金がたくさん眠っているという「ワクワク伝説」が広まっていました。 この「ワクワク」は、かつての日本を表す倭国(わこく)の発音に由来するとも考えられています。 このころ日本は鎌倉時代で、たしかに金がよく採掘されていました。 しかし、マルコ・ポーロがいう国は、本当は日本のことではなかったという説もあります。 まだまだ日本の黄金の国伝説は、謎につつまれたままなのです。. ユーザーレビュー|古代の歴史のなぞをといた発掘|書籍, 本情報|哲学・歴史・宗教|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます!. 雄牛を型どった、社会的シンボルとして用いられる「アップリケ」 3.

古代の歴史のなぞをといた発掘: シリーズ名: まんが世界のノンフィクション ; 3: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 金の星社: 出版年月日等: 1991. 黄金に親しんでいた文明としてよく知られているのが、古代エジプト文明です。 その歴史も古く、紀元前3100年ごろにはすでにエジプトでも金を用いた装飾品が作られていました。 このころはエジプト初期王朝時代にあたります。 謎につつまれたシュメール文明やトラキア文明と違って、古代エジプト文明は数多くの金製品を残しています。 そのなかには、みなさんもご存知のものがたくさんあります。 たとえば、1922年に発掘された「ツタンカーメン王の黄金マスク」はエジプト文明のものです。 (エジプト王朝の王様のことを、「ファラオ」と呼びます。) この黄金マスクはたいへん古い金製品で、紀元前1300年ごろに作られたと考えられています。 ツタンカーメン王のマスクは、頭から胸まであるとても大きくて豪華な作りになっています。 頭は、「ネメス」と呼ばれる頭巾をかぶった型になっています。 この黄金マスク、なんと300兆円分もの価値があるともいわれています。 ツタンカーメン王が永遠の眠りについた棺にも、金が使われています。 その量、110キログラムといわれています。 なぜエジプトで、黄金の宝飾品がたくさん作られていたのでしょうか? それには、太陽信仰が関係しています。 エジプトでは、太陽信仰が盛んでした。 金は太陽神であるラーの身体の一部であると考えられていたため、祭祀や呪術などの宗教儀式、王族の埋葬などに用いられてきたのです。 こうして王族や神官のための金の装飾品や、神殿、神像などに用いる金製品が数多く作られました。 紀元前1600年ごろの新王国時代には、金細工の技術が発達して、金細工師が社会的地位を獲得しました。 そして、宗教的儀式のためのさまざまな金の宝飾品が作られるようになりました。. 軍事儀式、宗教儀式に用いられていた「王笏(おうしゃく)」と呼ばれる杖 2. かもしれない!?. 。 かなり大雑把な推測だけど、文明の誕生から破滅までの期間をおおよそ1万年とした場合、約29万年の空白期間に超古代文明が栄え、そして滅びた可能性も十分にあり得るだろう。 5,6回くらいは文明が栄え、滅んでいてもおかしくない。 もし、何.

古代の歴史のなぞをといた発掘 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 紀元前6000年から西暦年までの金の歴史、いかがでしたでしょうか? 8000年分の歴史を駆け足でタイムスリップしてみました。 8000年もの長い年月を経ても、金は人類にとって変わらない価値ある宝物だということがおわかりになったと思います。 いまでも謎の多い古代文明は、考古学者でなくともロマンを感じさせてくれるものですよね。 古代文明にはすでに金製品が存在していました。 もしかしたら、私たちがまだ知らないもっと古い文明が存在し、そこでも金が使われていたのかもしれません。 大航海時代には、黄金伝説をめぐって文明が滅亡することすらありました。 日本でも、日米修好通商条約によって金が大量に流出してしまったという、負の歴史があります。 金細工師が特別な地位を築き始めたのも、金がそれだけ重宝されてきた証といえるでしょう。 そんな歴史の流れを確認してみますと、金の用いられ方は少しずつ進歩していることに気が付きます。 しかしそれでも、基本的な価値はほとんど変わっていないといってもよいのではないでしょうか。 金を加工する技術、保存する技術、金をめぐる経済のルールは歴史をとおして変化しています。 いまではたくさんのジュエリー、金のインゴット、地金型金貨、金の投資信託商品まで、さまざまなものがあります。 金にまつわる技術や制度が変化したことは、それだけ人類の進歩を表しています。 しかし、宝飾品として、資産として、身分や権力を象徴するものとしての価値。それら自体は変わっていないようです。 太陽信仰のために身に着けることはなくなっても、ご利益のあるパワーストーンのような存在として私たちの生活に欠かせないものです。 トラキア時代のアップリケはもう使われていませんが、黄金の名刺は最近流行りの製品ですね。 また現代では金貨は通貨として使用されることはほとんどありませんが、金のインゴットは安定資産として大切な役割を果たしています。 こうした人類の本質は、8000年が経過しても変わっていないのです。 変わり続けるものと変わらないものが、金の歴史にも人類の歴史にも存在するのです。. キュリクス杯(取っ手が2つ付いた杯) といったさまざまな金製品がありました。 さらに、年にはトラキア王の黄金の仮面が出土しました。 厚さ3ミリメートル、重量にして672グラムの荘厳なマスクになっています。 この太古の文明において、すでに社会的な身分を表したり、儀式に用いたり、王の権力を示したりと、さまざまな目的で金が用いられていたのです。 トラキアは文字を持たず、戦が好きな文明として知られてきた謎の文明でしたが、非常に高度な金の精錬技術、細工・加工技術まで持っていたということになります。. 【11月15日 AFP】エジプトは14日、首都カイロ南方のサッカラ(Saqqara)遺跡で2500年以上前の古代のひつぎが100基超発掘され、今年最大の発見になっ. 中世に作られたヨーロッパのアンティークには、美しい金の装飾がたくさん施されています。 数々の技工を駆使した、すばらしい装飾ですが、これはもちろん人の手によって作られています。 こうした金の装飾を作っていたのが、金細工師です。金細工師は、中世のヨーロッパで活躍していました。 中世では、金細工師の社会的地位なども変化し、金の用いられ方も次第に変化していきました。 こうした金細工技術の発達とともに、金の加工技術や保管技術も発達していきました。 こうした変化が、じつは銀行業のはじまりとされています。 金細工師は大量の金を扱う仕事ですので、金を保管するための場所を持っていました。 すると、金を保有している人々が、金細工師に金を預けるという風習ができました。 そのときに金細工師は、金の預かり証を発行して金の所有者に渡していました。 これが紙幣としての購買力を持ち始めたのです。 金細工師は、預かった金を誰かに貸して運用益を得ることもできますし、預かり証を発行して貸し出すことさえできるのです。 すでに銀行の仕事の原型が存在し、それは金細工師が作ったといわれているのです。. 人類史に不思議な空白期間があるのは、ある”遺伝子”が関係している可能性がある。 人類が約5,000年前に文明を築き上げてから、急激な進化を続けてこれた謎、そのカギを握るのが「ASPM(abnormal spindle mutation)遺伝子」だ。 人間(ホモサピエンス)の脳みそは、猿やゴリラなどの他の類人猿と比べても異常に大きく発達している。 なぜ人類は巨大な脳を獲得できたのか? その理由が遺伝子の突然変異にあるという。 まず人類はマイクロセファリン(MCPH)遺伝子という特殊な遺伝子を、37,000年前に獲得した。 さらに5,800年前にはASPM遺伝子を獲得している。 この2つの突然変異的に発生した遺伝子は、大脳新皮質の大きさを制御する作用があり、人類が巨大な脳みそを獲得した原因であるともいわれている。 特に注目したいのがASPM遺伝子だ。 この遺伝子を5,800年前に獲得したホモサピエンスは、急激に大脳新皮質を巨大化させた。 そしてわずか800年後の紀元前3,000年には、人類最初の文明であるメソポタミア文明を築くこととなる。 遺伝子の突然変異による突然の進化。 これこそが人類史の中にある謎の空白の答えなのではないだろうか。 人類史に10万年も20万年も空白があるのは、そこで謎の古代文明が栄えていたと考えるよりも、単純に当時の人類の脳みそが小さすぎて文明を築くことができなかったと考えるのが自然な気がする。. 【再放送】 2月3日(日)午後0時30分~午後2時00分 広大な国土と膨大な人口。 ますます存在感を高める中国。 世界の「四大文明」の中で. .

See full list on tabizine. アッシリア学(アッシリアがく、英: Assyriology / 仏: Assyriologie )は、古代オリエントで使用された楔形文字そのものと、これを用いた諸民族の言語・歴史・文化(政治・社会・経済・法律・宗教・芸術・文学など)を研究する学問である。. 中国には「後漢書東夷伝(ごかんじょとういでん)」と呼ばれる、古い資料が現存しています。 この資料は5世紀前半に書かれたとても古いものですが、書かれている事柄はもっと昔の出来事になっています。 そこには紀元57年という大昔のことが書かれています。紀元57年、中国は後漢王朝の時代でした。そのときの初代皇帝は光武帝(こうぶてい)です。 後漢書東夷伝によると、この光武帝が倭(わ)の奴国(なのこく)に印綬(いんじゅ)を授けたというのです。 印綬とは、つまり印鑑です。 これは、漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)と呼ばれています。 純金製の印鑑で、印文は「漢委奴國王」となっています。 この漢委奴国王印は、1784年に福岡県の志賀島の農民が発掘したといわれています。 この金印は、漢の光武帝から福岡市近辺に当時存在した、奴国の王に授けられたと考えられています。. エジプトのギザからダハシュールまでの、南北30kmの砂漠にあるピラミッドなどの遺跡群を「メンフィス」と言います。 メンフィスの一番の見どころは、やはりギザのピラミッド&スフィンクス!これらの遺跡を見るために世界中からエジプト旅行にきていると言っても過言ではありません。たくさん観光客が訪れては、そのスケールの大きさに圧倒されています。 三大ピラミッドの他に、屈折ピラミッド、赤いピラミッドが世界遺産として登録されています。 世界遺産に登録されているギザのピラミッドを古い順から並べてみると下記の様になります。 1. 【tsutaya オンラインショッピング】古代の歴史のなぞをといた発掘/ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!.

巨大神殿出雲大社のなぞを中心として、現代に息づく古代文化を提供してきた島根に生きる人々の心の営みの歴史を、様々な角度からご紹介します。 (1)土地にうもれた神話 (2)神々の住まい ─ 巨大な神殿、出雲大社 (3)神在月の国 ─ 出雲信仰と人々. 古代の歴史のなぞをといた発掘: 長澤和俊/監修・カゴ直利/他絵(金の星社 1200円) 古代の歴史のなぞをといた発掘 たゆまぬ努力が世界の歴史をかえた! 「カーターの古代遺跡発掘」ほか、ノンフィクションまんが5編。(小学中級から) 古代エジプト. 紀元前5000年から紀元前3000年ごろ、現在のブルガリアにあたる地域に、トラキア人と呼ばれる人々が存在していました。 近辺のペルシャ文明やギリシャ文明と交流しながら、トラキア人は独自の文明を作ってきました。 このトラキア人が作った文明は、「黄金文明」とも呼ばれています。 その名前のとおり、トラキア人はさまざまな黄金製品を残しています。 ブルガリアの東部に位置するヴァルナ集団墓地遺跡から、1972年に数キログラムにもおよぶ金製品が出土したことがニュースになりました。 そのなかには、 1.

(画像はイメージです) 邪馬台国は西暦100年から150年頃に成立し、男性の王様が他の国と争う日々を送っていたそう。しかし、70年から80年後、卑弥呼が女王になったことで、争いが落ち着いたとのこと。その後、魏に使いを送り、卑弥呼は「倭国の王」として大国の皇帝からも認められます。ですが、平和は長続きせず、247年頃に敵対国であった狗奴国との戦が勃発。戦の決着を知ることなく、卑弥呼は亡くなったそうです。 卑弥呼はどのような一族に生まれ育ったのか・・・そして、どんな過程を経て、邪馬台国の女王になったのか、すべて謎のままなのです。邪馬台国すらどのように滅んだのかも、ハッキリとはわかっていません。 卑弥呼の生活については『魏志倭人伝』に少し記述があります。召使い1,000人が卑弥呼の世話をしていて、男性が一人だけ出入りを許され、飲食物を運んだり、卑弥呼の言葉をみんなに伝えていたそう。弟が政治を助けているが、女王になってから卑弥呼の姿を見たものは少ないとのこと。 この情報から勝手に卑弥呼の人物像を想像すると、卑弥呼はまじないや占いを得意とした身分の高い一族の出身で、国をおさめるシャーマンになり、愛人もしくはお気に入りの男性が卑弥呼の言葉を聞き、それを政治面のサポートを行っていた弟が邪馬台国の民に伝えていたのではないかと思えてきました。随分と俗物的な人物像になってしまいましたが・・・(笑)。. 1: /09/16(水) 08:31:32. ホモサピエンスは20~30万年ほどの長期間、狩猟をして過ごしていた。 今のところ超古代文明の存在は完全に否定されているけれど、文明が栄えて滅びるまでの期間を約1万年と仮定すると、何らかの超古代文明が存在していた可能性もわずかにあるのではないだろうか。 この2つの事実が、超古代文明のロマンをかろうじて繋ぎとめている。 長いことホモサピエンスの起源は20万年前とされてきたのに、年の新発見であっさりとその事実が覆されてしまった。 その事実こそが「昔の地球の事を私たちはまったくわかっていない」ということの証明になるだろう。 太古の地球に関する新発見は、まだまだ隠されているはず。 もしかしたら、これから未発掘の地域で超古代文明の遺跡が発見される. 内容:まんが世界のノンフィクション3・古代エジプト文明の秘密・日本の歴史を変えた石器・北京原人のなぞ・伝説を証明した発掘・砂漠にねむる恐竜の化石 著者:監修・長澤和俊 発行:金の星社 1991年初版発行 サイ ズ:縦21×横15×厚さ1.7センチ. 「ヨーロッパの歴史 - 世界史年表」ではヨーロッパの歴史を年代、時代別に分かりやすく分類しています。中学、高校、大学生の勉強から受験、大人の教養などの学習にご利用できます.

「超古代文明なんてあり得ない!!」 なんてことはなく、リアルに超古代文明が栄えていてもおかしくない期間が、人類史には十分にある。 なんともロマン溢れる話ではないか。 人類は5,800年前にASPM遺伝子を獲得したことをきっかけとして、わずか6,000年に満たない期間で猿同然の生活から劇的な進化を遂げた。 今ではホモ・サピエンスは宇宙の果てまで探査機を飛ばすこともできるし、地球を何十回も滅ぼせるほどの爆弾をも開発している。 だとしたらホモ・サピエンスに限らず、何らかの類人猿が突然変異的に進化し、数千年の間に超古代文明を築き上げることも可能だ。それは現在の人類という存在が証明している。. 【中古】 古代の歴史のなぞをといた発掘 まんが世界のノンフィクション3/歴史学習漫画(その他) 【中古】afb. 古代文明は多くの謎に包まれていますが、そこではすでに金が生活に取り入れられていたようです。 太古の昔まで、歴史を遡ってみましょう。 金と人類との歴史は、紀元前6000年という古い年代にまで遡ります。 かつて、チグリス川とユーフラテス川のあいだに位置していたメソポタミアの地に、シュメール人と呼ばれる種族が住んでいました。 シュメール人は、天文についての知識が非常に高く、神秘に満ちた古代人として知られています。 アヌンナキと呼ばれる神々が、シュメール人のあいだで用いられてきた粘土板に記されています。 シュメール人の天文知識があまりにも高度なことから、宇宙人研究者の間ではアヌンナキは宇宙人であり、シュメール人は宇宙人と交流があったとする説もあるほどです。 そしてアヌンナキが、地球の金を求めてシュメール人のもとへやってきたというのです。 古代ロマンと宇宙ロマンあふれる、シュメール文明。 宇宙人説の真偽はいまだ不明ですが、すでにこの文明において金を用いた装飾品が存在していたことは確実のようです。 こうしたシュメールの金の装飾品は、世界最古の金製品ともいわれています。.

古代の歴史のなぞをといた発掘

email: ajomany@gmail.com - phone:(772) 511-1409 x 8466

京都開運ダイアリー 2012 - CRT植込み術と看護ケア ハートナーシング

-> NGOデータブック ’96 - NGO活動推進センタ-
-> ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事

古代の歴史のなぞをといた発掘 - 木霊幽邃


Sitemap 1

金沢のまちと環境デザイン - 金沢美術工芸大学環境デザイン専攻 - 久御山町